Google検索最上位表示の偽サイト、URLでの見分けが困難!?

最近、お客様のサイトにも偽サイトの被害がしばしば聞かれます。

偽サイトにはアクセスすること自体が大変危険なので、URLを確認して怪しくないか見分ける方も少なくないと思います。

が、しかし!見抜くのが困難なケースがあるようです。

表示されているURLは本物と同一の「https://www.gimp.org/」に見えます。同一URLなら同じサイトにアクセスできるはずですが、上述の通り、最上部のリンクをクリックすると偽サイトにアクセスしてしまいます。この現象が発生する理由について、Redditでは「URLに含まれるアルファベットの『i(アイ)』に見える文字が、実はキリル文字の『і(イー)』なのではないか」と指摘されています。

見分けが不可能な偽サイトがGoogle検索最上位に堂々と表示されてしまう、「i」をURLに含む全てのサイトが信用できなくなる極悪手法 - GIGAZINE

アルファベットの『i(アイ)』に見える文字が、実はキリル文字の『і(イー)』って。。。Googleさんが今後どのような対処を講じるのか気になります。